唇全体がくすんで見える唇シミ!予防方と原因解明

2020年05月05日

意外と唇にはシミができやすいものです。年を取って色がくすんできたな、唇の輪郭がぼやけるというのであれば、それはシミができている可能性が高いです。

肌の日焼けは気にして日焼け止めを塗っている方は多いですが、唇のUVケアはしていないという女性はかなり多いです。口紅を塗っているから大丈夫だろうと思っているかもしれませんが、通常の口紅にはUVカットをしてくれる成分は入っていません。最近ではUVカットをしてくれる口紅もあるので、そういった口紅なら安心ですが、そうでなければ逆効果になってしまいます。口紅には油分が多分に含まれているので、かえって日焼けしやすいのです。

しかし唇にはメラノサイトはないので、メラニンが生成されません。その分気付きにくいのですが、紫外線のダメージが蓄積して最終的にシミとなって出現してしまうのです。もしも外に出た時に唇が乾燥したり皮がむけたりした時には、日焼けしているサインかもしれません。

それだけではなく口紅を上手く落としきれていないというケースも多いです。きちんと落とせていないとダメージが夜も続き、翌日に口紅やリップクリームを塗ってしまうとそれこそ1日中ダメージが続いて色素沈着してしまうのです。

実は唇には皮脂腺が少なく、バリア機能が弱い部分になります。乾燥してしまうとバリア機能が弱まって炎症を起こして色素沈着しやすくなってしまいます。他にも摩擦による刺激で色素沈着してしまうことも。ご飯を食べた後にティッシュでごしごし拭いたりすると、その摩擦が色素沈着の原因になってしまうのです。唇の輪郭がぼやけるとそれだけで年を取っているように見えてしまいます。日頃からきちんと予防をした方が良いでしょう。

紫外線がシミの原因になってしまうので、UVカットをするのが一番です。そのため紫外線対策ができる口紅を利用するか、下地にリップクリームを使うことをおすすめします。しかしリップクリームも色素沈着の原因になってしまうので、きちんと落とさなければいけません。

洗顔前にクレンジングで落とすと思いますが、意外と落としきれていないことが多いです。しかもオイルクレンジングだと刺激が強すぎるので、クリームがジェルタイプを使用することをおすすめします。皮脂腺がない分乾燥しやすいので、保湿を意識する必要があります。冬場だとマスクを使うのがおすすめです。マスクをしていると自分の呼気で保湿することができるのです。

もうできてしまったシミはどうにもならないのかというとそんなことはありません。唇のターンオーバーは肌よりも早くて、たったの5日ほどなのです。そのためすぐに効果を実感することができます。

リップクリームを使ってマッサージをする方法であればすぐにできる方法になります。お風呂上りにリップクリームを塗って、外側から内側に向かって優しく撫でてマッサージするのです。ホホバオイルでも効果的です。他のシミと同じで、保湿が重要です。お風呂上りにリップクリームを塗って、ラップを置いて数分放置しておくだけ。簡単ですが効果は十分に得られるのでおすすめです。お風呂に浸かりながらしても良いでしょう。

もしもそれでも改善できない時には病院に行かなければいけません。肌のシミと同様にレーザーでの治療が必要になります。唇にできるシミは病気の可能性もあります。急にできて大きくなったりする場合にはきちんと病院に行って相談するようにしましょう。

唇に限らずシミはメラノーマや皮膚癌のリスクを孕んでいます。急激に大きく成長していく、色が急に濃くなった、という場合には病気かもしれません。不安な時には早めに病院に行って相談をして、場合によっては除去することを検討することをおすすめします。

関連記事
ドライアイスでシミを消せる!?凍結療法とは

レーザー治療はやはりどうしても抵抗があるし、美白化粧品を使用してもなかなか効果が実感できない、という方は多いのではないでしょうか。レーザーだと痛みもありそうだし値段も高い、となると一歩踏み出すのを躊躇って敬遠してしまうのは当然です。それでも綺麗になりたいと思うのも女性の心理です。そんな人におすすめな ...

2020年03月30日
出来てしまったシミにエステの施術は効果があるのか

フェイシャルエステもシミに効果があるのか、という疑問を持っている方は多いのではないでしょうか。レーザーよりも敷居が低いので、効果があるのであればエステで試してみたいという方は多いと思います。レーザーとの違いも含めて効果があるのかということについて説明していきましょう。フェイシャルエステとは言っても光 ...

2020年02月22日
シミ対策にはハイドロキノンとトレチノインの併用がいい

これまでに紹介したハイドロキノンとトレチノインですが、実はこの2つを併用することによってかなり効果的なのです。しかし用法を誤ると却って危険で、副作用が強化されることも。きちんと使っても大丈夫か考える必要があります。トレチノインは皮膚の表面の代謝を促進することによってターンオーバーを早め、シミが出てい ...

2019年11月25日
増えていくシミ!市販薬で消す事はできるのか!?

増えていくシミに対して何とか食い止めたいと思うのは当然のことです。レーザー治療をするのはなかなか難しいですし、ドラックストアでも手に入れられるもので何とかしたいところです。シミを改善するために利用するのは医薬品と美容液の2種類が考えられます。ドラックストアで手軽に購入することができるので、レーザー治 ...

2019年11月19日
シミしわ対策にトレチノイン成分配合のレチンAクリームが凄い!!

美容大国であるタイで売られている美容クリームも美白効果が高いと有名です。タイに旅行に行ったらお土産で買って帰る定番商品になりつつあり、アンチエイジング効果もかなり高くなります。それがレチンAクリームです。レチンAクリームの主成分はトレチノインという成分になります。このトレチノインはビタミンA誘導体と ...

2019年12月25日
漂白剤と謡われるハイドロキノン成分配合のメラケアForteクリーム

肌の漂白剤と言われているハイドロキノンは美白効果が高い成分としても有名で、美容皮膚科でも採用されています。しかし効果が高いものほど副作用が強いという不安もあるのではないでしょうか。そこでハイドロキノンがどんな成分なのか、ハイドロキノンが配合されているのはどんなものかについて紹介していきたいと思います ...

2019年12月05日
シミとほくろとそばかすの違い~似て非なるもの~

顔にできるものはシミだけではなくほくろやそばかすだってあります。どれも消えることはないので、一度できてしまうとかなり気になる存在です。しかしそれぞれの相違点は何なのでしょうか。シミは紫外線によるダメージの蓄積やニキビ跡の色素沈着が原因です。老化によって発生する老人性色素斑もシミに入ります。後天的なも ...

2019年11月03日
シミを消すには皮膚科でレーザー治療が手っ取り早い?

シミを除去するためには皮膚科でのレーザー治療を思い浮かべる方は多いと思います。そんなの怖いし費用もかなりかかりそう、という不安が拭えないのではないでしょうか。どういう仕組みでシミが除去できるのか、費用はどれくらいかかるのかと言った疑問に答えましょう。施術法のレーザー治療は近年開発された施術法ですが、 ...

2019年10月16日
30代~40代の女性の肌に顕著にシミが現れてしまう理由

女性にとってシミができるのは大きな問題です。うっすらとでもできてしまうと、思っていたよりもショックが大きいものです。まだ大丈夫だろうと思っていても、いつの間にか浮き上がってしまうのがシミです。早ければ30代で出てきてしまい、まだ30代なのにとため息をついている女性も多いです。対策をするためにも何故で ...

2019年10月01日