シミ対策にはハイドロキノンとトレチノインの併用がいい

2019年11月25日

これまでに紹介したハイドロキノンとトレチノインですが、実はこの2つを併用することによってかなり効果的なのです。しかし用法を誤ると却って危険で、副作用が強化されることも。きちんと使っても大丈夫か考える必要があります。

トレチノインは皮膚の表面の代謝を促進することによってターンオーバーを早め、シミが出ている皮膚を剥がしてメラニンを排出していきます。そして健康な皮膚の生成を促してくれるのです。それだけではなくコラーゲンの生成も促してくれるので、肌にハリを与えてしわの改善にも役立ちます。

一方で紫外線を吸収しやすいという側面も持ち合わせているので、紫外線に当ててしまうと色素沈着して新しいシミができてしまうことも。マスクや絆創膏を活用して紫外線カットをし忘れないようにしなければいけません。

ハイドロキノンはメラニンの生成を抑えて、メラノサイトを減らすことによってシミを除去していきます。メラニンの原因のメラノサイトが減ってしまえば今後の予防にもなるのです。予防ができるからと言って安心せずに、紫外線予防はして下さい。

塗布する時にはシミの部分にだけ塗布することが求められます。難しいと思うかもしれませんが、綿棒を使えばその部分だけ塗ることができます。はっきりしているシミであればその中に、ぼんやりしているシミであればちょっとはみ出るくらいで大丈夫です。

濃度が高ければ高いほど効果が高いですが、どちらも刺激性なのでその分肌が赤くなる傾向にあります。自分の肌が大丈夫かどうかは一度二の腕で試してから治療を開始する必要がありますし、低濃度でも長期間使い続けるとその部分だけ白抜けしてしまう原因になってしまうこともあります。使用と休止を繰り返すことによって防ぐことができるので、半年以上継続して使用は避けるようにしましょう。

皮膚科にかかってもハイドロキノンしか処方されないことが多いです。それは保存が難しいことと副作用が強いことが挙げられます。トレチノインは劣化が早く、冷蔵保存をしなければいけません。冷蔵保存をしたとしても1ヵ月ほどしか持たないのです。

しかしどちらか一方だけを使うよりも、併用した方が効果を実感しやすいのです。トレチノインが新陳代謝を上げることによって古い皮膚を押し出してメラニンを排出して新しい肌ができます。そこにハイドロキノンを塗布すると、単体では効き辛いハイドロキノンが新しい肌に浸透しやすくなって、肌を白くしてくれます。単体で使うよりも効果的なので、併用をするようにすると良いでしょう。

トレチノインとハイドロキノンを含んだユークロマプラスクリームという医薬品がおすすめです。
両方の成分を含んでおり、使用方法も簡単なので慣れていない方でも使いやすいお薬です。
また、このユークロマプラスクリームは通販サイトでも購入することができるため、非常に手に入れやすいこともおすすめできる理由の1つです。

最初慣れていない時には濃度の低いものから始めることをおすすめします。もしも1週間経っても皮膚が赤くならない場合には濃度が低すぎる可能性があるので、濃度を上げても大丈夫です。

但し人によっては効果が強く出てしまうこともあります。そういった場合にはすぐに医師に相談しなければいけません。暫くしたら痛みが治まるのであれば問題ありませんが、ずっと痛いのであればそれは効果が強く出すぎている証拠です。我慢したら効果が出るから、と我慢しがちですが、そうすると白斑ができてしまいます。無理な我慢はしないようにしましょう。

シミ除去をする時には1クールを2カ月から3カ月を目途に見ておきます。それを超えると耐性ができてしまって効果が得られなくなってしまうのです。1ヵ月くらい休薬期間を設けるようにすると、より効果が得られます。

トレチノインを利用する時には妊娠していないかを確認してから利用するようにしましょう。トレチノインをネズミに投与した時、奇形が生じるという実験結果があります。人には影響がないとされていますが、リスクが伴うので利用しない方が賢明です。

関連記事
増えていくシミ!市販薬で消す事はできるのか!?

増えていくシミに対して何とか食い止めたいと思うのは当然のことです。レーザー治療をするのはなかなか難しいですし、ドラックストアでも手に入れられるもので何とかしたいところです。シミを改善するために利用するのは医薬品と美容液の2種類が考えられます。ドラックストアで手軽に購入することができるので、レーザー治 ...

2019年11月19日
漂白剤と謡われるハイドロキノン成分配合のメラケアForteクリーム

肌の漂白剤と言われているハイドロキノンは美白効果が高い成分としても有名で、美容皮膚科でも採用されています。しかし効果が高いものほど副作用が強いという不安もあるのではないでしょうか。そこでハイドロキノンがどんな成分なのか、ハイドロキノンが配合されているのはどんなものかについて紹介していきたいと思います ...

2019年12月05日
シミとほくろとそばかすの違い~似て非なるもの~

顔にできるものはシミだけではなくほくろやそばかすだってあります。どれも消えることはないので、一度できてしまうとかなり気になる存在です。しかしそれぞれの相違点は何なのでしょうか。シミは紫外線によるダメージの蓄積やニキビ跡の色素沈着が原因です。老化によって発生する老人性色素斑もシミに入ります。後天的なも ...

2019年11月03日
シミを消すには皮膚科でレーザー治療が手っ取り早い?

シミを除去するためには皮膚科でのレーザー治療を思い浮かべる方は多いと思います。そんなの怖いし費用もかなりかかりそう、という不安が拭えないのではないでしょうか。どういう仕組みでシミが除去できるのか、費用はどれくらいかかるのかと言った疑問に答えましょう。施術法のレーザー治療は近年開発された施術法ですが、 ...

2019年10月16日
30代~40代の女性の肌に顕著にシミが現れてしまう理由

女性にとってシミができるのは大きな問題です。うっすらとでもできてしまうと、思っていたよりもショックが大きいものです。まだ大丈夫だろうと思っていても、いつの間にか浮き上がってしまうのがシミです。早ければ30代で出てきてしまい、まだ30代なのにとため息をついている女性も多いです。対策をするためにも何故で ...

2019年10月01日