シミを消すには皮膚科でレーザー治療が手っ取り早い?

2019年10月16日
肌がきれいなので嬉しくなる女性

シミを除去するためには皮膚科でのレーザー治療を思い浮かべる方は多いと思います。そんなの怖いし費用もかなりかかりそう、という不安が拭えないのではないでしょうか。どういう仕組みでシミが除去できるのか、費用はどれくらいかかるのかと言った疑問に答えましょう。

施術法のレーザー治療は近年開発された施術法ですが、かつての施術法と違って切開をする必要がないというのがポイントです。しわやたるみにも効果があるので、現在では広く使われています。以前は切開して患部を切除しなければいけなかったので、痛みも強くてリスクも高かったのです。跡が残りやすいというデメリットもあったのです。

仕組みとしてはとても簡単で、レーザーでシミを焼き切るという方法になります。皮膚科で簡単にできるので、以前よりも気軽に施術できるのです。しかしきちんと治療後のデメリットもあることを忘れてはいけません。

シミの原因はメラニン色素が原因なのですが、それをメラニン色素をレーザーによって破壊します。このレーザーは黒や茶色といった濃い色にしか反応しないので、メラニン色素細胞にしか反応しません。それによってメラニン色素細胞を破壊してシミを除去します。確かに化粧品等に比べたら即効性がありますが、照射した後すぐになくなる訳ではありません。照射した後に破壊された組織がかさぶたになります。そのかさぶたが剥がれて再生した肌が出ることによって取り除くことができるのです。1回で綺麗になることもありますが、たいていは複数回の施術が必要です。1回で効果がないからと焦らずに、気長に行いましょう。

また、必ずしも綺麗になるという訳ではありません。レーザーを照射したことによって、色素沈着が起こってしまうことがあるのです。そのため却って悪化してしまったかのように見えることがあります。それだけではなくレーザーを当てた部分はとても敏感になっています。もしもそこに紫外線を当ててしまうと、より濃いシミができてしまうことも。そのためその後は今まで以上に紫外線ケアが欠かせなくなります。

紫外線ケアは夏場だけではなく冬も日焼け止めは欠かさず行って下さい。大体2カ月から3カ月は保湿をしっかり行った上で、紫外線に当たらないようにする必要があります。絆創膏を貼ったりマスクをしたりして対処するようにしましょう。勿論保湿も今まで以上に行う必要があります。肌のバリア機能が落ちている状態なので、外側かケアしなければいけません。

治療後のケアが大変そうと思うかもしれませんが、絆創膏やマスクを活用すれば問題ありません。どんなケアをすれば良いのか事前に医師に相談しておくと安心です。

ダウンタイムは大体1週間から10日ほどで、痛みも比較的少ないです。輪ゴムがぱちんと弾く程度ですが、それでも不安な場合には麻酔をして施術をしてくれるところにしましょう。

費用はそれぞれのレーザーによって異なりますが、大体1cm四方単位で計算します。通常は1万円ほどですが、高ければ3万円ほどになります。それぞれ消せるシミも異なりますし、効果や回数も異なるのです。たとえばYAGレーザーであれば2種類の波長を使い分けることによって、表面だけではなく深層まで到達させることができます。効果が高い分費用も高くなってしまいますが、大体1回で施術が終わるので楽に終えることができるのです。他にも深いシミにだけ効果がある等それぞれ異なります。自分のシミがどれに分類されるのかということを診て貰う必要があります。

レーザー治療はそれぞれ種類が異なるので、しわやたるみには効果がありません。きちんと専門のところで施術して貰いましょう。

関連記事
シミ対策にはハイドロキノンとトレチノインの併用がいい

これまでに紹介したハイドロキノンとトレチノインですが、実はこの2つを併用することによってかなり効果的なのです。しかし用法を誤ると却って危険で、副作用が強化されることも。きちんと使っても大丈夫か考える必要があります。トレチノインは皮膚の表面の代謝を促進することによってターンオーバーを早め、シミが出てい ...

2019年11月25日
増えていくシミ!市販薬で消す事はできるのか!?

増えていくシミに対して何とか食い止めたいと思うのは当然のことです。レーザー治療をするのはなかなか難しいですし、ドラックストアでも手に入れられるもので何とかしたいところです。シミを改善するために利用するのは医薬品と美容液の2種類が考えられます。ドラックストアで手軽に購入することができるので、レーザー治 ...

2019年11月19日
漂白剤と謡われるハイドロキノン成分配合のメラケアForteクリーム

肌の漂白剤と言われているハイドロキノンは美白効果が高い成分としても有名で、美容皮膚科でも採用されています。しかし効果が高いものほど副作用が強いという不安もあるのではないでしょうか。そこでハイドロキノンがどんな成分なのか、ハイドロキノンが配合されているのはどんなものかについて紹介していきたいと思います ...

2019年12月05日
シミとほくろとそばかすの違い~似て非なるもの~

顔にできるものはシミだけではなくほくろやそばかすだってあります。どれも消えることはないので、一度できてしまうとかなり気になる存在です。しかしそれぞれの相違点は何なのでしょうか。シミは紫外線によるダメージの蓄積やニキビ跡の色素沈着が原因です。老化によって発生する老人性色素斑もシミに入ります。後天的なも ...

2019年11月03日
30代~40代の女性の肌に顕著にシミが現れてしまう理由

女性にとってシミができるのは大きな問題です。うっすらとでもできてしまうと、思っていたよりもショックが大きいものです。まだ大丈夫だろうと思っていても、いつの間にか浮き上がってしまうのがシミです。早ければ30代で出てきてしまい、まだ30代なのにとため息をついている女性も多いです。対策をするためにも何故で ...

2019年10月01日