シミとほくろとそばかすの違い~似て非なるもの~

2019年11月03日
肌を気にする女性

顔にできるものはシミだけではなくほくろやそばかすだってあります。どれも消えることはないので、一度できてしまうとかなり気になる存在です。しかしそれぞれの相違点は何なのでしょうか。

シミは紫外線によるダメージの蓄積やニキビ跡の色素沈着が原因です。老化によって発生する老人性色素斑もシミに入ります。後天的なものが原因で、生まれつきのものではありません。紫外線に当たることによってメラニンが生成されるのですが、見た目が悪いかもしれませんが、悪いことばかりではありません。メラニンが生成されることによって、紫外線のダメージが肌に伝わりにくくなるのです。若いうちであれば新陳代謝が高いので、ターンオーバーによって剥がれ落ちるのです。加齢によって新陳代謝が下がると、老人性色素斑として定着してしまいます。

そばかすは正式には雀卵斑と言われ、頬に出る斑点のことになります。雀卵斑は遺伝的なものなのですが、メラニンが原因であることには変わりありません。そばかすの特徴は紫外線を浴びることによって色が濃くなることです。シミとは反対に加齢と共に色が薄くなっていきます。通常思春期にかけて色が濃くなっていき、思春期を過ぎると少しずつ薄くなっていきます。日本人や欧米人の中でも色白の人にできやすく、遺伝的なものなので防ぐことができません。紫外線を浴びることによってメラニンは肌を守ろうとより色濃くなっていってしまいますが、きちんと夜寝ていればターンオーバーによって元に戻ります。

ほくろは正式には母斑細胞母斑と言って、良性のほくろ細胞が集まってできたものです。母斑細胞母斑もやはりメラニン色素でできており、生まれつきだったり後天的だったりします。ほくろの怖いところは悪性のメラノーマの可能性があることです。6mm以上の大きさだったり左右非対称だったりする時にはメラノーマの可能性があります。シミやそばかすと違って放っておくのは危険なので、場合によっては病院に行く必要があります。

後天的なものであればシミと殆ど変わらないように見えますが、この2つの相違点は一体何なのでしょうか。

シミは色素沈着でほくろはメラニン細胞の集まりです。見た目は似ているかもしれませんが、深層まで見たらやはり違います。ほくろは切除するしかありませんが、シミとそばかすは基本的に対処が同じです。まず必要以上に日光に当てないことです。紫外線に当たればそれだけで色が濃くなっていきます。そのため日焼け止めをしっかり塗って、帽子被ってカバーしましょう。

ビタミンを摂るのもおすすめです。ビタミンCにはメラニンの定着を防ぐ効果があります。レモンで摂るのも良いですが、なかなか難しいという場合にはサプリメントを活用するようにしましょう。ビタミンEは新陳代謝を上げてくれる効果があります。アーモンドに豊富に含まれていて、最近流行りのアーモンドミルクでも効果があります。ビタミンAは活性酸素を除去してくれる効果があるのです。活性酸素はメラニンを生成するのに必要なものになるので、それを除去するのはかなり有効です。レバーに豊富に含まれていますが、それ以外にも乳製品や卵にも含まれています。ビタミンは肌を綺麗に保つためにも必要な成分になります。シミやそばかすのためだけではなく積極的に摂っていきましょう。

肌に刺激を与えないことも重要です。肌に過度に刺激を与えると、それが元でシミやほくろになることがあります。洗顔をする時も泡で洗って、肌を擦らないようにするのがおすすめです。見えていないだけでも予備軍は存在しています。無駄に肌の下で寝ている予備軍を起こさないようにしましょう。

関連記事
シミ対策にはハイドロキノンとトレチノインの併用がいい

これまでに紹介したハイドロキノンとトレチノインですが、実はこの2つを併用することによってかなり効果的なのです。しかし用法を誤ると却って危険で、副作用が強化されることも。きちんと使っても大丈夫か考える必要があります。トレチノインは皮膚の表面の代謝を促進することによってターンオーバーを早め、シミが出てい ...

2019年11月25日
増えていくシミ!市販薬で消す事はできるのか!?

増えていくシミに対して何とか食い止めたいと思うのは当然のことです。レーザー治療をするのはなかなか難しいですし、ドラックストアでも手に入れられるもので何とかしたいところです。シミを改善するために利用するのは医薬品と美容液の2種類が考えられます。ドラックストアで手軽に購入することができるので、レーザー治 ...

2019年11月19日
漂白剤と謡われるハイドロキノン成分配合のメラケアForteクリーム

肌の漂白剤と言われているハイドロキノンは美白効果が高い成分としても有名で、美容皮膚科でも採用されています。しかし効果が高いものほど副作用が強いという不安もあるのではないでしょうか。そこでハイドロキノンがどんな成分なのか、ハイドロキノンが配合されているのはどんなものかについて紹介していきたいと思います ...

2019年12月05日
シミを消すには皮膚科でレーザー治療が手っ取り早い?

シミを除去するためには皮膚科でのレーザー治療を思い浮かべる方は多いと思います。そんなの怖いし費用もかなりかかりそう、という不安が拭えないのではないでしょうか。どういう仕組みでシミが除去できるのか、費用はどれくらいかかるのかと言った疑問に答えましょう。施術法のレーザー治療は近年開発された施術法ですが、 ...

2019年10月16日
30代~40代の女性の肌に顕著にシミが現れてしまう理由

女性にとってシミができるのは大きな問題です。うっすらとでもできてしまうと、思っていたよりもショックが大きいものです。まだ大丈夫だろうと思っていても、いつの間にか浮き上がってしまうのがシミです。早ければ30代で出てきてしまい、まだ30代なのにとため息をついている女性も多いです。対策をするためにも何故で ...

2019年10月01日